君は自分の耳の穴の中を見たか



ライブ映像を見せながら、耳掃除してくれる耳鼻科へ行った。


耳掃除は大好きだ!細くしなる耳かきで、いつも痛くなるまで掻いてしまう。
いつか、とんでもない大ものがごっそりとれる、という夢を捨てずに来たが、
実際は耳の中の様子がよく分からない。
穴の道は遠いのか。汚いのか?

そこへ、先日耳かき仲間から素晴らしいライブ耳掻き耳鼻科体験談を聞いた。
来院出来る日を楽しみに、かゆくても我慢して貯めて来た。ついに今日がきた!


先生が使う器具は、

①ステンレスの筒(片側は耳の穴にフィット、片側は広がっている。)
②ピンセット
③長い綿棒 の、三点セットだ。

耳掃除だけの患者にも親切で、PC画面をこちらに向けて見せてくれる。
きっと先生も耳掻きが好きなのだ。
親近感を覚える。

画面でライブ耳掃除を見る。

まず、ステンレス筒っぽを耳の穴に突っ込む。

カサカサの先をピンセットで掴まえて、ペリペリはがしていく。

カサカサは、大きいまま気持ちいいように剥がれる。

剥がした所はスウッと涼しくなる。

耳の穴ぐるりのカサカサを取ると、奥にきれいな半透明のレンズ状のものが見えた。

「あれが鼓膜ですよ。」耳の穴ロードは意外に短かかった。

「こんなもんでしょう。」とお終いにしかけるので、思わず、

「あ、その下の方にちょっと見えるカサカサは」と聞くと、

「このカサカサの下はまだ皮膚だから、無理やり取ると血がでます。」と言う。

「血が出ても構わないから、全部取っちゃって下さい‼︎」

とは、さすがに言えなかった。だが、格段の気持ちよさだ!

耳垢は一体なんですか?と聞くと、皮膚が角質化したものという事だった。

十日に一回くらいでいいらしい。

早くまた来たい。

というより、

耳穴映像をPCで見ながら耳掃除出来る機械一式が欲しい。

a0244523_23171441.jpg

いい名前のパン屋。ソウデスカ‼
by watanabeyukow | 2014-08-07 20:55 | Diary


わたなべゆうこ のブログ


by watanabeyukow

プロフィールを見る

カテゴリ

Profile
Works
Picture books
DIY picture books
Diary
Exhibition
mail

その他のジャンル

記事ランキング