カテゴリ:Diary( 507 )

妖精発見



a0244523_15090808.jpg






by watanabeyukow | 2016-11-23 15:08 | Diary

変態


禁煙中とはいえ、あまり我慢するとリバウンドするんじゃないだろうか?


リバウンドへの不安から、煙草をちょっと吸ってみた。

すると、気道のイメージ弁(注⒈)が一斉に立ち上がり、

煙の侵入を防ごうとしているのが分かった。

気道はすでに煙草を拒否している!

さらに、吸ってしまったという罪悪感からか、美味しいと思えない。

嗜好よ、このまま変われよ。


だが、体の各部位には習慣づけられた所作が残っている。

右手の人差し指と中指は、思い出したように何かを挟みたがっている。

そして、指が挟んだ何かを唇は挟みたがっている。

リバウンドしないために、至急代替品が必要だ。


台所で口に挟める何かを探すと、棚の一番上に、古い哺乳瓶を見つけた。

赤ちゃんは、ビブをくわえさせると途端に泣き止む事がある。

これか?

棚の上から哺乳瓶を降ろしてみると、

ゴム乳首の部分が、硬化して真っ黒になっていた。

触ってみると、想像していた触感とはまるで別のものだった。




なんだかとても恐ろしいものを見たような気がして、

そっとまた棚の上に戻す。




a0244523_23124013.jpg


(注⒈)視覚的イメージを高めることによって内膜が特殊化した、気道に付着する弁。

「真っ黒な(肺)」や「乳飲み仔羊の(ロティ)」などに反応し、発達する。

   











 

by watanabeyukow | 2015-03-27 22:46 | Diary

認知療法的禁煙


「あなたね、煙草吸うか、ガン保険やめるか、どっちかにしたら?」

と母に言われた。

ごもっともなご意見だ。

今ガンになったとしても「あなた煙草吸わないって言ってたのに、吸ってましたね?」

とバレて、保険が下りないこと必至だ。


煙草はどんどん高くなる一方だし、体内は腹黒くなる一方なので、禁煙しようと思う。


どのように禁煙するか。

amazonで禁煙グッズを調べたら「離煙パイプ」というのが良さそうなので、カートにいれた。

「いつもの煙草につけて吸うだけ」。簡単にできそうだ。

だが、レジに進んだところで「13000円」という事がわかり、カートから削除。


その後、様々な商品のカスタマーレヴューを読んだが、

「結局は本人の意志次第」という一文に突き当たり、パソコンを閉じた。

DA・YO・NE!

どの商品も、結局はそういうことなんだろうと思う。


そこで、私が自己開発したのが「認知療法的禁煙」だ。

ああ、煙草が吸いたいな~、とおもったその瞬間に、

「ハッ!私は今、すっごく煙草が吸いたいな、と思っているな!」

という自己を認知するという作業を行う。

そうかなるほど、そうなのか!

私は今煙草を吸いたいな、と思っているんだな!

声にも出してみる。

「私は今、とっても煙草を吸いたいと思っているのだ‼︎

すると、ちょっとだけ「ほんとに?」という気になる。


ほんとに?そんなに?


ううん、そんなんでもないよ。







a0244523_21234055.jpg

by watanabeyukow | 2015-03-25 21:25 | Diary

鼻ホジリテンション


何かを記憶する時には、

①符号化 encording (記銘 memorization)
②貯蔵 storage (保持 retention)
③検索 retrieval (想起 recall)

の3つのプロセスを経ることになるらしい。

記憶できていない状態(忘却)が生じるのは、

それぞれの過程で失敗が起きるから。


えーっと、3つのプロセスの英語は…。

と、時間が経つと忘れるのは貯蔵の失敗。

「減衰(decay)=時間の経過とともに記憶が薄れていくこと。」だ。

じゃあ減衰はどうやってくい止めるのか?

ということは書いていない。


減衰に抗って覚えたいが、「保持=retention」が出てこないので、

ヤケクソ気味に語呂合わせで覚えることにした。

鼻ホジリテンション。鼻保持リテンション。

鼻をほじる時のテンションはどんなテンションか?


大体あんなテンションだ。


というところまで想像して、やっと、

保持=リテンションは長期記憶に保存された。

a0244523_23534306.jpg

『へしとりてつくへりにし』

視覚検査の文字を前もって覚えるべからず。

わたなべの「わ」まで来るのに時間がかかるので、

ついつい覚えた学生時代。















by watanabeyukow | 2015-01-16 23:25 | Diary

アクアビーズ


チビ子が、“水でくっつく!ふしぎなビーズ”の「アクアビーズ」で遊んでいた。

つぶつぶの玉を並べて霧吹きで水をかけておくと、くっつく仕組みだ。

a0244523_2316387.jpg


チビ子は、「どこかの子が耳に入れたら、奥でくっついて取れなくなった」

という話を聞いたので、ビーズをうっかり耳に入れないように気を付けている。


耳の穴にビーズ。さもありなん。

小さい子は、鼻の穴や耳の穴に何かを突っ込みたがる。

チビ子も、鼻の穴に入れたフリスクが奥にいって取れなくなって、

「いたい、いたい!」と大騒ぎをした事がある。


…なぜ入れたの?

なぜならそこに穴があるから。(とは言わなかったけど。)


「アクアビーズ、一緒に作ろうよ」と誘われたので、

私もビーズをうっかり耳に入れないように気を付けながら作った。

a0244523_23234834.jpg

団子。









by watanabeyukow | 2014-12-28 23:23 | Diary

きつねぶんこ


チビ子がハリー・ポッターシリーズにはまりだした。

ホグワーツ魔法学校について一緒に語り合いたいらしく、

「読んで。」と、〈きつねぶんこ〉のしおり付きで渡された。

〈きつねぶんこ〉は、チビ子の本棚図書館らしい。

a0244523_2202168.jpg


〈きつねぶんこ〉はなかなか厳しくて、

貸主が寝た後借主がどこまで読んだか、を次の朝チェックされる。


ハリー・ポッターの話は、映像が思い浮かびやすく、

嫌な奴がはっきりしているのが面白い。

が、少年少女達ほどには夢中になれない。


寝る前にちょこっとずつ読み進めていたら、

業を煮やした〈きつねぶんこ〉から貸出期限を宣告された。

a0244523_21515589.jpg

by watanabeyukow | 2014-12-26 21:51 | Diary

楽しむ人々


マンションの管理人さんが手作りの干し柿をくれた。


管理人さんは、隣家のたわわになっているのに取られない柿を見かねて

「取ってもいいですか」と頼み込んだそうで、休日に梯子をかけて収穫する。

取った柿を小分けにしてビニール袋に入れてマンション入り口に並べてくれて、

住人がそれを自由にもらっていくという仕組みが去年からできた。

自然な甘さでおいしい柿だ。


今年の管理人さんはさらにバージョンアップして、

収穫した柿を屋上で吊るし、干し柿を作って住人に配ってくれるようになった。

きれいに出来ていて、甘くておいしい。

掃除も細かい所まで行き届くし、よく出来た管理人さんだ。

管理人さんは、おばちゃんぽいおじさんというのが、一番ありがたいと思う。

ゴミ捨てに降りてきたおばあさん達ともよく話し込んでいて、管理人業が楽しそうだ。


午後に歯医者に行ったら、

受付のお姉さんがサンタの帽子をかぶっていたので、

思わず「メリークリスマス」と口に出た。

中に通されたら、歯科衛生士もサンタの帽子をかぶっていて、

「お久しぶりですー」と出てきた歯医者もサンタの帽子をかぶっていた。

当然のように、サンタ帽のまま治療。

「帽子お似合いです。」「かぶります?帽子ありますよ。」


一瞬何をしに来たのか分からなくなる。

どうせ寝かされたままなので、丁重にお断りした。

帰るとき、サンタの歯医者は「ふざけた歯医者ですみません。」と笑った。

ふざけてくれて何よりだ。楽しんでいるのが何よりだ。


楽しむ人々を見て、楽しくやろう、と思う。

先は長いぞ!


a0244523_21502691.jpg

by watanabeyukow | 2014-12-22 21:51 | Diary

冬雨


氷のように冷たい雨が降っていた。

a0244523_2361332.jpg


家の中で、毒リンゴを煮立てる。
by watanabeyukow | 2014-12-20 23:06 | Diary

ポリポリポリ


a0244523_20234482.jpg


「ダンゴムシは何を食べるでしょうか?」小3に聞かれて分からなかった。

「何?」「落ち葉とコンクリート。」「え?」ノートを見せてくる。


コンクリートを食べればいいんだったら、

地球上の生物が絶滅しても生き残れるということか。

一番原始的なものが一番進化しているような、不思議な感じ。


ネットで調べたら、

ダンゴムシには固い殻があるため、
その材料となるカルシウムが必要となります。
そのため、コンクリートをかじりとるというわけで、
やはり彼らは甲殻類なんですね。
なお、彼らはコンクリートを主食にしている訳ではなく、
食べるのはごく少量なので、
建材としての損傷を気にする必要はないようです。
(http://ameblo.jp/thinkmacgyver/entry-11388849277.html)

ということだった。なあんだ。主食は落ち葉だった。


誰もいなくなった廃墟都市で、

ダンゴムシ達が食べている音だけがする、というのを

ちょっと想像した。
by watanabeyukow | 2014-12-18 20:44 | Diary

『戦略的投票』


「自由と民主主義のための学生緊急行動」


sealds.com/


「誰を勝たせたいか」ではなく「誰を勝たせてはいけないか」という戦略。

考える若者たちに一票!

a0244523_16292260.jpg











by watanabeyukow | 2014-12-13 07:43 | Diary


わたなべゆうこ のブログ


by watanabeyukow

プロフィールを見る

カテゴリ

Profile
Works
Picture books
DIY picture books
Diary
Exhibition
mail

その他のジャンル

記事ランキング