<   2014年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

竹紙2014


朝一番で、中村活字にお願いしていた名刺を受け取りに行く。

チビ子と一緒に家を出て、久しぶりに満員電車に乗った。

あれは、“どれだけ入れられるかな?”のパズルみたいですね。

外勤の皆様、毎日お疲れ様です。


中村さんのお話は楽しい。

今日は、竹紙という紙を教えていただいた。

〈中越パルプ工業株式会社〉が100%国産竹で作った、竹紙のカレンダーを見せていただいた。

もったりしているが、確かに竹の表皮のようなコリコリ感がある。

絵に使えるかどうかは分からないが、硬いのでパッケージをつくるのに良さそうです。


竹は、今では昔のようにたくさん使われなくなったが、アジアの眠れる資源だ。

しなやかで丈夫で、なにしろあっという間に育つ。じゃんじゃん使っていい。


次に名刺をお願いするときは、竹紙で作ってみたいな。

そういうのって、使っているときにちょっと気分がいいですよね。

a0244523_1273396.jpg

       ↑友人にもらった、100%再生紙と100%再生インクで作られた絵本。
by watanabeyukow | 2014-02-28 12:09 | Diary

DIY プリント絵本の作り方(『RED BALOON』バージョン)

(カテゴリ→DIY picture books →『RED BALOON』を開き、右クリックでA4用紙に印刷してください。)


a0244523_20131414.jpg

by watanabeyukow | 2014-02-26 18:30 | DIY picture books

RED BALOON


a0244523_2025637.jpg

by watanabeyukow | 2014-02-26 18:28

仕事


色々あるけど、仕事って面白い。

これまで学んできたことを、人と話し合って作って、社会に出すっていう作業が楽しい。

目的のために意見がぶつかりあって考える。

そして投げたボールが誰かに届いて、笑ってくれると嬉しい。

反応が良くて韓国で二次使用されると、韓国の子どもたちとも友達になった気がする。


同時に、引きこもってあれこれ考えて作るのも楽しい。

寄って見たり引いて見たり、破ってどんどん捨てて、自分にとっての答えを探すのが面白い。

逃げ出したくなったりすることも込みで楽しい。


どっちも大事だ。

一見真逆に見えるようなことたちが、どちらもイキイキしていると、

影響し合って全体が成長していくもののような気がする。

a0244523_264829.jpg

by watanabeyukow | 2014-02-25 01:48 | Diary

RED BALOON


a0244523_1091759.jpg

by watanabeyukow | 2014-02-24 10:08 | DIY picture books

不穏…!


a0244523_2083212.jpg


        さあこの中に不穏な要素がいくつあるでしょうか?
by watanabeyukow | 2014-02-21 20:08 | Diary

島ママ


仕事に熱中していると神経が尖って、ささいなことでチビ子を叱ってしまう。

「そんなこともあるよね」と笑って流せばいいような事を、

「いいかげんなことをするな」と厳しい目で見てしまう。

机の上も、資料と書き散らした紙だらけだ。

仕事と子どもをスパンと切り替えられるようにしたい。

チビ子には関係ないことなのに、ダメ母だ。


と思っていたところに、

今朝の新聞でシニアライフについての特集が組まれていて、

島会長が私が言うべきことを言っていた。

とりいそぎ、ジュニアライフに(自力で)役立ててもらおうと思い、

トイレに貼る。


a0244523_12105244.jpg

by watanabeyukow | 2014-02-19 12:03 | Diary

雪解け


車のフロントガラスに積もった雪が半分溶けて固まって、

ウィンカーで落とそうとしたが重すぎて落ちない。

あきらめて、雪の固まりをのせたまま出発した。


信号の赤で止まった時に、突然目を覚ましたようにウィンカーがガタッと動き、

「ドッシャン!」

大きな雪の固まりが自分の車と対向車線にいるトラックの間に落ちた。

すみません!と、対向車線のトラックを見上げて言ったら、

トラックのおじさんは上から一部始終を見ていたようで、「ガハハハハ!」と笑っていた。

目を見合わせて笑い合い、おじさんと反対方向に進む。


雪が溶けて氷になったところをノロノロ進むと、

セキレイがすぐ前を歩いていて、

ギリギリまで近づくと遊んでいるように少し先へ飛ぶ。

名前の中に「きれい」があるセキレイは、細いくちばしのきれいな鳥だ。


フランス人に、「あの鳥の名前は何」と聞かれたい。

あれはセキレイです。

C`est きれいです。


a0244523_100329.jpg

by watanabeyukow | 2014-02-17 09:31 | Diary

214440



朝一番に父から電話で、自作の歌をプレゼントされた。


「♪Two fourteen in two o fourteen
  Two fourteen for forty

  にーぜろいちよん にーいちよん
  よんぜろ にーぜろ いちよん に!」



ほほう…と親子で悦に入る。

そんな感じで時々笑いながら、人生は続くのですなあ。


a0244523_14524867.jpg

by watanabeyukow | 2014-02-14 14:55 | Diary

管理人さんへ


夕方外出先から帰ってくると、いつもお母さんのような顔をして

「お帰りなさい。」

と言ってくれる、おじさんの管理人さん。

ありがたいけど困る。


なんて返せばいいの?


「ただいま。」→馴れ馴れしい・エラそう

「お疲れ様です。」→返答がずれてる

「ただいま帰りました。」→は?ここは寮?


「お帰りなさい。」と言われるたびに、

「あ、どもども…」とモゴモゴ言いながらコソコソ逃げて、

郵便ポストからアマゾンの袋が見えていても焦って取りに行けない。

ああ、「こんばんは。」って言ってくれりゃいいのになあ。

そしたら「こんばんは。」って言えて、落ち着いてアマゾンの袋も取りに行けるのに。


管理人さん。

それだけが困っていることなんです。

よくポストが詰まって開かなくなるんです。
by watanabeyukow | 2014-02-12 23:58 | Diary


わたなべゆうこ のブログ


by watanabeyukow

プロフィールを見る

カテゴリ

Profile
Works
Picture books
DIY picture books
Diary
Exhibition
mail

その他のジャンル

記事ランキング